日本伝統食品を利用する豆腐ダイエット

banner 豆腐と言えば、良質なたんぱく質が豊富で、しかもカロリーが低いことで栄養価にすぐれた食品として、古くから日本では食されてきました。 この豆腐を利用して、ダイエットを試みる方法もあります。 豆腐は、一丁のカロリーが200キロカロリーを満たない程度で、栄養もあって、食べるとお腹もちもよいので、ダイエット食品としてはとてもお勧めです。

ご存知豆腐は、大豆から作られていますが、大豆レシチンと呼ばれる成分が含まれています。 これが中性脂肪をダウンさせて、余計な脂肪を取り去ってくれるのです。 また、血液の流れもスムーズになるように助けるので、冷え性や肩こりも解消する効果もあります。

また、栄養的には、ビタミンBがとても豊富で、炭水化物をエネルギーに変換する働きを促します。 また、大豆には大豆イソフラポンが含まれていますが、これはいわゆる女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするため、豆腐ダイエットを行うことで、肌や髪までも潤いを与えてくれます。 豆腐ダイエットの方法は、ただ1日一食だけ、主食を豆腐に置き換えることです。 また、その他のおかずは食べてもよく、他2食は自由に食べられますので、負担も少ないと思います。

注目コンテンツ

寒天もダイエットに向く

記事をみる

黒豆ダイエットを実践しよう

記事をみる

栄養豊富な玄米のダイエット

記事をみる

Copyright(c) 栄養が摂れる食品を使ったダイエットを行おう. All Rights Reserved.